フリマアプリを賢く使おう

不用品がお金に変わる!最近話題のフリマアプリの活用法

好きな価格を設定できる

商品に見合った価格を設定する

なるべく不用品を高く売りたいと思っても、価格を高くし過ぎないように気を付けてください。
不用品と価格の釣り合いが取れていないと、購入者が現れません。
個の価格なら買っても良いと、相手に思わせてください。
自分で売る時の価格を設定できるので、高過ぎる価格を設定する人が多いです。
ですが、欲張らないでください。

みんなが欲しいと思う価格がいくらなのか、調べてください。
初めてフリマアプリを使う人は、他の人がどのくらいの価格を設定しているのか調べると、価格相場が分かります。
どのくらいの価格に設定すれば良いのか分からなくなったら、まずは相場ぐらいの価格を設定しましょう。
するとすぐに、誰かが買ってくれると思います。

相手の要望に応えよう

フリマアプリを使っていると、誰かから価格を安くしてほしいというメッセージが届くかもしれません。
安くして買ってくれるのであれば、相手の要望に応えるのが良い方法です。
価格が高いままでは、他に誰も不用品に興味を持ってくれない可能性があります。
いつ購入者が現れるか分からないので、今回メッセージを送ってくれた人の要望を聞いてきださい。

少しずつ価格を下げるのも、良い方法だと思います。
例えば元値が1000円で、800円にしてほしいと言われることがあります。
その時はいきなり800円に下げるのではなく、900円ではダメか聞いてください。
少しずつ価格を下げると、高い価格で売れやすいです。
交渉することを意識しましょう。


この記事をシェアする